やらないといけないのにやる気が出ない時

こんにちは。愛沢恵(めぐみ)です。

今日は前回の記事の補足になります。

《前回の記事》

時間の無駄使いをやめる方法

前回お話したのは

時間の無駄を排除する=有意義な時間を過ごすということですが、自分が有意義だと思っていること(作業)は本当に自分に必要なことなのか?やるべきことなのか?を自問自答してみよう。

という内容でした。

(楽しんでいるならOKです。苦しくてやりたくないのに行っている作業のことをさしています)

が、これはあくまでも潜在意識のお話であって、日常生活ではそうはいきませんよね。

「やりたくないからやらなくてOK」

だと、生活がめちゃくちゃになってしまいます。

やりたくないから食器を洗わない。

面倒臭いからシャワーを浴びない。

こんな生活を続けていたら、いずれ健康被害が起きます。

このような日常生活において「やらないといけないのにやる気が出ない時」の対処法をお話していきたいと思います。

交感神経を高める

私達の身体は生命を維持するために24時間365日、働いてくれています。

体内環境をコントロールしているうちの1つとして自律神経があります。

自律神経には交感神経副交感神経があります。

交感神経も副交感神経も均一しているのが理想的ですが、どちらかにバランスが偏ってしまうと体調を崩す原因になってしまいます。

やる気が出ない、無気力、鬱状態の時は副交感神経が優位になりすぎている可能性があります。

まずは交感神経を高めてみてください。

交感神経を高める方法

・運動(ウォーキング、ストレッチなど軽いものでも効果的)

・音楽を聴く(お気に入りのアップテンポで明るい曲)

・入浴(40度~少し熱めの温度)

・漫画、映画、ドラマなど見る(明るく前向きな作品)

交感神経を優位にしてもやる気が出ない場合は、同時に副交感神経も高める必要があります。

副交感神経を高める方法

・音楽を聴く(お気に入りのゆったりとした落ち着く曲。自然音でも効果的)

・入浴(38度~ぬるめの温度)

・瞑想

・ヨガ

・腹式呼吸

・ペットと触れ合う

・アロマオイル(ラベンダーが効果的)

私は常に自律神経を意識して生活しています。

イライラしたり興奮気味の時は「今は交感神経が優位になりすぎているんだな」と感じて副交感神経を優位にするような行動をします。

自律神経を知らなかった学生時代は自分の感情をコントロールする事が出来ませんでした。

意味もなく八つ当たりしたり、意味もなく落ち込んだりして相手を傷つけてしまうこともありました。

あの時に自律神経の仕組みを知っていたらなと思うこともあります。

人は、自分ではどうすることも出来ない、原因がわからないことに恐怖や絶望を感じ、悩み苦しみます。

今現在、自分の体内で何が起こっているのか?どんな仕組みなのかを知っておくだけでも気が楽になるので、この機会に体内の仕組みや脳内の仕組みを調べてみるのもいいかも知れません。

具体的に視覚化する

頭の中であれやろう!これやろう!と考えるより、目で見えるように視覚化することをおすすめします。

頭の中で考えていると「こんなにたくさんやることあるの?憂鬱…」と感じる場合でも、視覚化すると「あれ?意外に少なかった」と拍子抜けすることがあります。

私が実際にやっているのは、iPhoneの「リマインダー」アプリを使った方法です。

このアプリの良いところは、ロック画面にリマインダーが表示されるところです。

アプリに入れているとアプリを開くこと自体を忘れてしまいがちですが、ロック画面に表示され続けることで目に入る頻度が多くなるので、意識して取り組むことが出来ます。

勿論他のTo Doアプリ、手書きのポストイット、手帳に書くのでも方法は自分の好きなもので構いません。

大事なのはやる事を具体的に視覚化することです。

あとは常に目に入るようにしておくと、脳が自動的に意識するようになるのでおすすめです。

「大掃除をする」や「運動をする」などあまりにアバウトな内容だとどこから手をつけていいのか、何をしていいのか漠然としてしまい、更にやる気が削がれてしまいます。

ポイントは今日1日で出来そうなことだけを視覚化することです。

そしてもし今日1日で出来なかったとしても自分を責めないことです。

今日出来なかったことは明日出来るように意識すればいいだけです。

出来なかったペナルティとして、地球が滅亡するわけではありません。

無理せず気楽にいきましょう ^ ^

一度に大量の項目を作ると面倒でやる気がなくなるので(笑)1日1~2つ程度にしておくのがベストです。

慣れてきたら項目を増やしてみてください。

参考になったかわかりませんが、日常生活の小さなことなど、やらないといけないのにやる気が出ない時は是非試してみてくださいね。

過去記事でも書いたように、自分との約束を守ることで自信をつけることが出来ます。

「自信がない」を克服する自信をつけるノート術

別にわざわざTo Doリストに書かなくてもいい日常生活の小さなことでも、視覚化して実行する癖をつけると「私は自分で決めたことを実現出来る、実行できる」と潜在意識に刷り込むことが出来ます。

毎日ルーティン化されていることでもいいので、視覚化→チェックしてみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。