潜在意識でお金を引き寄せた体験談

こんにちは。愛沢 恵(めぐみ)です。

前にもお金の事は記事にしているのですが、改めて潜在意識を使ってお金を引き寄せた体験談を紹介していきたいと思います。

過去のお金に関する記事です。

潜在意識を知らずに大金を引き寄せた話(1)

潜在意識を知らずに大金を引き寄せた話(2)

寄付をした方が金運は上がる?

お金の使い道を真剣に考えるとお金持ちになる



引き寄せの法則は嘘か?真実か?

当サイトでは独我論(この世には自分一人しか存在しない。全ては自分の意識を投影しただけの仮想現実であるという考え)で話を進めていきます。

昔の私はこの世には自分だけしか存在しないと言われても、何それ?状態でした。

独我論などは考えず、とにかく必死で「私はお金持ちです」「私はどんどんお金持ちになっています」などとお金のアファメーションをひたすら唱えていました。

唱えれば唱える程、理想と現実のギャップに苦悩しました。

未来の恐怖と不安に襲われながら、それでも毎日アファメーションを呟いていました。

これがよく言うアクセルとブレーキを同時に踏みこんでいる状態です。

不安や恐怖を打ち消したいからアファメーションを頑張っている。

当時はこんな不安定な精神状態でしたが、例えどんな精神状態だろうと思考はストレートに現実化します。

なので常に数万円から数百万円単位まで、きちんとお金は引き寄せていました。

ただ不労所得で収入を得ていた時とは違い、自分で稼ぐというよりは、人様から頂くお金(臨時収入)が多かったです。

頂いていたと言っても愛人やパパ活の収入ではありません(笑)

身内関係などからの臨時収入です。

今なら気持ち良く頂けますが、当時は自己肯定感が低く精神的にも不安定だったので、せっかく臨時収入があっても自己嫌悪でいっぱいでした。

人様から頂く事への罪悪感。

自分で稼いだお金ではないという罪悪感。

自分の力では稼げない情けなさ。

臨時収入がある度に、自分の無力さを嘆いていました。

せっかくアファメーションでお金を引き寄せても、気持ち良く受け取れていないので、臨時収入分のお金は即座になくなってしまいました。

何度お金を引き寄せても、同じようにすぐになくなってしまう。

これを何度も何度も繰り返しました。

ある時ようやく「同じ事ばかり繰り返していてこれっておかしくない?」かと。

一度立ち止まって軌道修正するために、自分の思考ととことん向き合いました。

自分の思考と向き合う方法は、ブレインダンプが一番効果的でした。

ストレスがなくなるブレインダンプの効果

潜在意識は本当にシンプルです。

アファメーションの効果がない人、中々お金が引き寄せられない人、常にお金が足りない人は、過去の私のようにお金を受け取る事への罪悪感や嫌悪感、恐怖心がある人です。

お金を受け取る事への罪悪感

何故、お金を受け取る事に対して罪悪感や嫌悪感や恐怖心があるのか?

これは幼少期の記憶の刷り込みが原因になっている事がほとんどです。

うちはお金がないから。

うちは貧乏だから。

うちは家計が厳しいから。

お金を稼ぐのは大変な事。

仕事は辛い、苦しい事。

お金のために仕方なく働いている。

たくさんお金があるとダメになる。

教育上、躾のために言うのは構わないのですが、このような言葉が頻繁に飛び交っていた家庭で育つと、お金へのブロックが強い大人になってしまいます。

まさに私自身もこのような家庭で育てられました。

ただ大人になってお金のブロックをはずしてから、幼少期の記憶が全くのデタラメだった事が発覚しました。

実は私の家庭の世帯年収は世間一般で言う高所得層だったのですが、親族などによる使い込みが原因で貧乏な生活を送っていただけだったのです。

この事実を知った時は怒りが込み上げてきました。

私は子供の頃から大人になるまでずっと、うちが貧乏だったのは収入自体が少ないからだと思っていたからです。

子供心に「働いていても収入が少ないのは仕方のない事だ」とも思っていました。

「母親が働きに出ているのは、お金に困っているからだ」とも思っていました。

子供の頃から成人するまでずっと真実だと思い込んでいた事は、全くのデタラメだったのです。

この事実を知った時、私は「過去のお金のブロックがはずれてきているんだな」と実感しました。

今現在の潜在意識を書き換えると、このように過去の出来事までもがコロっと変わっていきます。

(正確には過去の誤解や間違いに気付くという意味です。)

それでもそもそも、そんな煩わしいブロックを作ってしまったのは家庭環境が原因です。

だからと言って親や家庭環境を今更責めても仕方がありません。

もうとっくの昔に終わってしまった事です。

親に対してもっとこうして欲しかった、ああして欲しかったと、たくさん不満があるかも知れません。

しかし、もう何十年も前に終わった過去の事を今ここで嘆いても何も変わりません。

こうして欲しかった事は、今自分ですればいいだけの話です。

小さい頃に歯の矯正をして欲しかった。

小さい頃にしてくれてたら、今頃苦労せずに済んだのに。

確かにそうかも知れません。

しかしどんなに恨もうが憎もうが、幼少期に戻る事は出来ません。

なら今、自分でちゃちゃっとやってしまえば全てが解決します。

終わってしまった過去を憎み嘆く事は、味のないガムを何年も噛み続けて「美味しくない!なんなの?」と不満をたらたら言うくらい無意味な事です。

(ブルゾンちえみさんのネタのような例えになってしまいましたが笑)

いらないガムは吐き出して、テッシュにくるんでゴミ箱に捨ててしまいましょう。

収入が低い、自分で稼げない理由

次は引き寄せの法則を使って自分の収入やお給料を上げた体験談をお話したいと思います。

自分の収入を上げた話は過去の記事でも少しだけ触れています。

最速で潜在意識を書き換えて自由な人生を引き寄せる方法

私が行った方法は「自分で自分の収入額を決める事」でした。

えっ、それだけ?と思いますよね。

決めると言っても潜在意識の抵抗をなくす為に、まずは少額から始めました。

ほんの数万円、お給料を上げようと決めたのです。

決めたら条件の良い高給な依頼が増えたり、お給料以外の収入(プレゼントなど)も多くなりました。

仕事で得るお給料の金額にしても、臨時収入の金額にしても、どれも自分の潜在意識が決めています。

勤め先や職種は自分で選んで自分で決めているというのはなんとなくわかると思います。

しかしお給料の金額となると、それって会社の人間が決めている事であって自分には無関係のような気がしますよね。

独我論ではこの会社も自分の意識が投影されただけの架空会社に過ぎないと考えるので、収入も自分が決めている事になります。

自分が決めているというより、自分の潜在意識が決めていると言った方がわかりやすいかも知れません。

自分には能力がない。

自分に自信が持てない。

自分には取り柄がない。

自分にはスキルがない。

自分は仕事が出来ない。

自分は無力、無能である。

このような思考が少しでもある場合、環境が悪い会社やお給料の安い会社を引き寄せてしまいます。

無能な自分にはこの程度の仕事がお似合いだよね。

大した学歴も職歴もないんだから、辛い仕事をするしかないんだよね。

こんな私なんだから、給料が安くて仕方ないよね。

そう思っているから潜在意識があなた(の思考)にお似合いの仕事や職場(環境が悪い、低賃金など)を探してきてくれるんですね。

今の仕事や職場は、ある意味あなたの望みが叶った職場です。

何はともあれまずは「自分の望みを叶えてくれてありがとう」ですよね。

もしも自分が望んでいない労働環境だとしたら?

自分の潜在意識を書き換えて、正しい望みを再び発信するしかありません。

ただ、自分に自信がなかったり自己肯定感が低い場合は自分で自分の収入を決める事が出来ません。

自分は大した事ないから、月〇万くらいが妥当かな。

自分は月〇万も稼ぐほどの人間じゃないし。

顕在意識では「年収1億稼ぐぞー!」と言っていても、心のどこかで自己否定をしていては正しい望みが発信されないまま終わってしまいます。

このような人が「引き寄せの法則なんて嘘だ」「潜在意識なんて嘘だ」と喚くのです。

自分を否定したくないから、自分の落ち度を認めたくないから外側(引き寄せの法則)に原因を作って自分は悪くないと自己弁護している状態です。

話しを戻しますね。

ではどうやったら自分に自信がつくのか?どうやったら自己否定をやめる事が出来るのか?

自分に自信をつけるための精神論については過去の記事に書いています。

自分の存在価値に気付く方法

今回は具体的に行える自信をつける為の方法をご紹介します。

日々の生活で簡単に取り入れる事が出来る「自信がない」を克服する自信をつけるノート術という記事を書きましたので、もし良かったら参考にしてみてください。

私もこの方法を実践して、昔より自信をつける事が出来ました。

「自信がない」を克服する自信をつけるノート術

お金を引き寄せる方法まとめ

①この世は自分の潜在意識が投影されただけの仮想世界だということを意識する。

②自信をつけるノート術を使って自己肯定感を高める。

③ブレインダンプで自分の潜在意識と向き合う。

④ブレインダンプで過去の不要な思考を手放す。

⑤自分の望んでいる収入額を決める。

⑥アファメーションを唱えてたり、日々感謝して過ごす。

2~4の順番はランダムで構いません。

1~4できちんと土台を作ってから引き寄せの法則を行うと、より早く簡単に願いが叶いやすくなります。

土台がしっかりしていれば見掛け倒しの自信ではなく、心の奥底から自信がつくようになります。

心の奥底から自信がつけば、仮に何らかのトラブルが起こったとしてもすぐに立て直す事が出来ます。

農作物でも土壌が大切です。

劣悪な土壌で作った農作物は途中でだめになってしまったり、上手く育たなかったり、育っても味が美味しくなかったりしますよね。

これから先の未来も楽しく過ごせるように、その場しのぎのハリボテではなくきちんと土台を大切にしていきましょう。