パラレルワールドに行く方法

こんにちは。

愛沢 恵(めぐみ)です。

本日も頂いたご質問について回答していきたいと思います。

今回は

「パラレルワールドはありますか?潜在意識を使っていけますか?」

というメールを頂きました

パラレルワールドとは?

パラレルワールドと聞くとどのような世界を想像しますか?

・近未来のような世界

・SFのような世界

・海外のような非日常的な世界

・宇宙人がいるような世界

・アニメの中の世界

・知らない人だらけの世界

このような世界に行くのは難しいですが

・欲しいものが手に入る世界

・就きたい職につける世界

・自分に合った恋人、友達が出来る世界

・なりたい自分になれる世界

などに行くことは可能です。(↓で後ほど紹介します)

質問者様が考えるパラレルワールドはどのようなものなのかわかりませんが、オカルトサイトで語られているような異世界、パラレルワールドは「自分の中の常識」の範囲から大きく外れているので、現実化することがとても難しいです。(潜在意識が抵抗して現実化しないという意味です。)

なので読み物として楽しむ方がよいのではないかなと思います。

私が好きなパラレルワールド、異世界のおすすめストーリーを紹介しておきます。

 

エレベーターのパネル (外部リンク:不可解・不思議体験まとめサイト)

異世界エレベーター (外部リンク:不可解・不思議体験まとめサイト)

異世界への扉 (外部リンク:シェアチューブ)

地下の丸穴 (外部リンク:哲学ニュース)

きさらぎ駅 (外部リンク:哲学ニュース)

俺が異世界に行った話をする (外部リンク:哲学ニュース)

ヒッチハイク (外部リンク:不思議ネット)

霧島駅 (外部リンク:不思議ネット)

裏世界 (外部リンク:パラノーマルチャンネル)

ドライブインの怪 (外部リンク:パラノーマルチャンネル)

 

パラレルワールドで思い出しましたが「過去に戻りたい」も同じです。

もしかしたら遠い未来にはタイムスリップが当たり前になっているかも知れません。

しかし2019年の現在では世間の常識的にタイムスリップは出来ないという事になっています。

(もしも、心の底から過去に戻れると何の疑いもなく確信していたとしたら戻れますが、大半の人は疑いの気持ちや恐怖心があるので現実的に考えると難しいです。)

それに過去に戻りたいというのは、気持ち的に現在<<<過去になっている状態です。

仮に現在>>>過去だとしたら、過去に戻りたいという気持ちはわきません。

だったらいっそのこと、現在>>>過去にしてしまいましょう。

そちらの方が現実的かつ合理的です。

今現在を100%充実させてしまえば、過去に戻りたいなどという執着もなくなっていきます。

同時に(非現実的な)パラレルワールドに行きたいという執着もなくなります。

なのでこれも読み物として楽しむ方がいいのではないかと思います。

私が好きなタイムリープのお話でおすすめのものを紹介します。

 

タイムリープして離婚前の平行世界へ行くことに成功した話 (外部リンク:カオスチャンネル)

※↑こちらは引き寄せの法則に近いのでおすすめです。

 

話を戻します。

自分が理想とする現実的なパラレルワールドに行く方法です。

上記で紹介したような世間一般的な常識から外れた異世界に行くのは、潜在意識の抵抗が大きいので難しいですが

・欲しいものが手に入る世界

・就きたい職につける世界

・自分に合った恋人、友達が出来る世界

・なりたい自分になれる世界

など、世間一般常識内での自分が望む世界に行くのは、潜在意識を使えば行くことが出来ます。

私が実際に行っている方法

潜在意識を使って現実を変える方法として

・アファメーション

・思考の書き出し

・思考の癖を見つける

・思考の修正

・過去の修正

・イメージング

など様々な方法がありますが

自分の理想の世界に移動しました!

はい、移動完了☆

と自分自身で決める、決定する方法もあります。

これが自分の理想の世界(パラレルワールド)に行く方法です。

が、パラレルワールドに移動しても、多くの方が元の現実世界に戻ってきてしまいます。

こんな一瞬で移動出来るわけないじゃん!という抵抗があるからです。

これは慣れるまで意識して何度も何度も回数をこなしていくしかありません。

この方法は難易度が高いので、何度やっても慣れない方はこの方法は諦めて、他の方法で現実を変えていってみてくださいね。(合わない方法に執着していると遠回りになってしまうので。)

パラレルワールドに移動するイメージですが、私はゲームのステージ(1ステージ、2ステージなど)を変更するようなイメージで行っています。

今いる世界が不満だとしたら、他のステージ(パラレルワールド)を選択するイメージです。

ステージはたくさん用意してあるので、自分で好きなステージを選びます。

スーパーマリオメーカーのように自分でステージ(パラレルワールド)を創って、自分でプレイ(現実化)する感覚です。

最後に

宇宙人や異星人が現れるようなパラレルワールドに行くのは難しいですが、自分の理想の世界に行く事は出来ます。

パラレルワールド=引き寄せの法則、潜在意識の書き換えなのではないでしょうか。

行く方法は様々ですので、自分に合った方法を見つけてみてくださいね。