寄付をした方が金運は上がる?

こんにちは。愛沢 恵(めぐみ)です。

今回は寄付と金運の因果関係についてお話したいと思います。

寄付と金運に因果関係はある?

潜在意識に関する書籍やサイトにはよく「金運を上げたいのなら寄付をしよう」といった内容が書かれていることがあります。

私は寄付と金運に因果関係はないと考えています。

お金持ちの自分になりきる方法を実践している方なら寄付を続ける意味はあります。

しかし今現在金銭的に厳しく自分の生活もままならないような方が「お金を得る為に寄付をしよう」「お金持ちになりきろう」と考えても効果は得られないはずです。

なぜなら心が既に「私は貧しいモード」に入っているからです。

無理やりエセお金持ちごっこをする必要はありません。

そのような方は視点を変える事をおすすめします。

お金を循環させる方法

「お金を出す、循環させる」という意味では寄付も「お金を出しているし循環させている」に該当しますが、お金を出す=寄付だけが素晴らしい使い方のわけではないですよね。

そんなにお金があるのならば無駄使いせずに寄付でもしなさいよという思考の方は、寄付をとんでもなく高貴なものだと考えすぎているところに問題があります。

勿論、寄付はとても素晴らしい事なのですが寄付以外の使い道を拒否している思考ではいつまで経ってもお金が巡ってきません。

(お金を使う事自体を拒絶しているので当たり前ではありますが。)

他人のお金の使い方に対して文句があるとしたら、お金を使う事自体を拒絶している自分の思考(潜在意識)があるという事です。

例え自分の為の投資だとしても、世の中にお金を回している事になります。

外食をするだけでも

・そのお店の運営費と従業員のお給料。

・卸売業者さんの運営費とお給料。

・食材を生産している方の運営費とお給料。

とても細かく枝分かれしてお金が回っていっています。

これがエステでも美容室でも旅行でもスーパーでもコンビニでも自動販売機でも電車でもバスでも全て同じです。

街中で高級車を見て「高級車なんて無駄使い」と思ったとしても、その無駄使いしている(と思い込んでいる)お金で助かっている方達が何千人も存在するという事を忘れないでください。

自動車メーカの従業員はもとより、一生懸命に自動車部品を開発販売されている方達の事を思えば「無駄」という言葉は出てこなくなると思います。

わざわざ寄付をしなくても、ごく普通の生活をしているだけで(むしろ生きているだけで)十分お金を循環させている事になります。

ただ生きているだけで、世の中の役に立っているんだと意識してみてください。

感謝するのはお金だけではない

私たちの身の回りには生活を便利にしてくれる数多くの商品やサービスが存在しています。

そのサービスを提供、生産、開発、販売してくれている方達が居てくれるお陰で、日々不自由ない生活が出来ているわけなので心から感謝ですよね。

お金を払ってやってるんだから感謝しろではなく、ただお金と商品(サービス)を物々交換しているだけに過ぎません。

今使っている携帯やパソコンも自分で一から作る事になったとしたらかなりの重労働です。

パソコンは自作パソコンといって組み立てが出来る方もいらっしゃいますが、あくまでも用意された部品を組み立てるのであって、その部品(CPUなど)を一から全て一人で作れる方は少ないのではないでしょうか。

私が寄付をしなくなった理由

私は何故か小学生の頃に寄付にとても興味があったので、よく街頭募金にお金を入れていました。

ある日、原宿駅前で街頭募金の男性が立っていたのでお金を出したら、その男性は私から受け取ったお金を自分のポケットに入れていました(笑)

小学生の子供からしたらとても衝撃的な光景だったので、その日を皮切りに寄付は一切しなくなりました。

勿論、真っ当な募金活動をされている団体も数多くありますので誤解なさらないようにしてくださいね。

私は昔から旅行が好きなので旅行の際はその土地の物を購入したり、観光費用(入場料など)を使ったりして少しでも日本全体にお金が回るように心掛けています。

基本的に寄付や募金を積極的には行いませんが自然災害時の募金のみ行っています。

金運アップ方法まとめ

① 生きているだけで十分お金を循環させているという事に気付く。

② お金を払った後はその背景(お金が流れていく仕組み)まで意識する。

③ お金と商品(サービス)は物々交換しているだけなので、生産者も消費者もお互い傲慢にならずに感謝の気持ちを忘れないようにする。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。