潜在意識で顔を変えた体験談

こんにちは。愛沢 恵(めぐみ)です。

私は幼少期から自分の容姿に絶大なコンプレックスを持っていました。

小学生の頃はクラスの男子から「ブサイク」「暗い」「無口」だと言われていました。

潜在意識の勉強を始めた時、顔も潜在意識で変えられるという記事を目にしましたが、さすがに整形でもしない限り、顔を変えるのは物理的に不可能だろうなと感じました。

しかしその当時の私は相当切羽詰まっていたので、藁にもすがる思いで顔を変えるためのアファメーションやイメージングを行なっていました。

結果、潜在意識で顔を変える事に成功いたしました!!

この記事では実際に行った潜在意識で容姿を変える方法をご紹介します。

なりたい顔を決める

まずは目標設定です。

これは芸能人でもモデルでも誰でも構いませんが、動画を観るとよりリアルに感じられるので動画を入手出来る人物だと尚良いです。

自分に雰囲気が(ほんの少しでも)似ている人物を選ぶと、早く効果が現れます。

これは実証済みです。

自分とあまりにかけ離れた容姿の芸能人で試した時は、時間が掛かりました。

あとは「似ている」と言われる頻度が少なかったです。

画像と動画を見る

暇さえあればその人の動画を繰り返し見ていました。

画像ではなく動画を見る事で、その人の何気ない表情や仕草も模写出来るからです。

動画が見られない時は画像をたくさん見ます。

待ち受け画像もその人に設定しました。

どうですか、この必死感(笑)

アファメーションをする

録音されたものを聴く方法でも、心の中で呟く方法でもどちらでもOKです。

アファメーションは自分が違和感なく、聞いていて心地良いと感じる言葉を選びます。

アファメーションの文例を載せておきます。

良かったらアレンジしてお使いください。

私は可愛い

私は美人

私は綺麗

私は顔が整っている

私はみんなから好かれる

私はキラキラ輝いている

私はオーラがある

私は人気者

私は高嶺の花

私は◯◯に似ている

「私の目は二重で大きいです」などのように細かくアファメーションするのも良いのですが、私は「私は綺麗です」のように大まかなアファメーションをしていました。

特に決まりはないので、アファメーションの言葉は個々で決めてみてください。

その顔になったつもりで生活する

これが中々難しかったです。

普段見ている動画や画像を思い出して、大雑把にイメージしました。

その人になりきって外出したり、イメージングしながら運動したりしていました。

心地の良い音楽を聴きながらなりきると、楽しくイメージする事が出来ます。

もしも目標設定している人がドラマに出ていたら、ドラマのシーンと現実をリンクさせながら生活します。

ドラマでその人が道端を歩いているシーンがあったとしたら、自分も道端を歩く時にドラマに出演しているかのようになりきってみます。

その顔になった時の状況は?

こちらは割りと簡単に楽しく出来ました。

寝る前など部屋が暗い状態で目を瞑って行うとイメージしやすいです。

その顔になった時の状況とは

・誰かに「似ているね」と言われるシーン

・誰かに褒められるシーン

・誰かに惚れられてるシーン

など、その顔になったらどのような毎日を送っているのだろうという部分を繰り返しイメージしました。

第三者を登場させて、その人に自分を褒めるような台詞を言わせると効果が早く現れました。

潜在意識で顔を変えた結果

上記の事を一ヶ月くらい続けていたら、段々と「◯◯に似てるね!よく言われるでしょ?」と初対面の人から褒められる回数がかなり多くなりました。

本当自分でもビックリしました。

ただ自分では顔が変わったとも思いませんでしたし、似てるという実感もありませんでした。

それなのに周りからは「似ている!」と言われ続けていました。

確率ですが大体5人中、3人には似ていると言われました。

一番多い時は10人中、9人の確率でした。

更に面白いのが、この方法をやめてからは誰からも似ていると言われなくなった事です。

昔はそれこそ毎日鬼の形相でアファメーションやイメージングを行なっていましたが、結婚してからはあまり容姿に拘らなくなってしまいやめてしまいました。

あれだけ毎日のように言われ続けていたのに、ピタリとやんでしまい、最近では1年に数回しか言われなくなりました。

「この世は潜在意識の投影説」を確信した出来事でした。

特にお金もかからずに誰にでも出来る方法なので、半信半疑で試してみて損はありません。

皆様からの結果報告をお待ちしています ^ ^

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。