潜在意識を活用する為に具体的に行った事

こんにちは。愛沢 恵(めぐみ)です。

前記事では精神論の部分が多かったので、今回は潜在意識を活用する為の具体的な行動について書いていきたいと思います。



録音アファメーションを聴く

言わずと知れた録音アファメーションですが基本中の基本なので、まだ録音アファメーション未経験の方はこれを機に毎日の生活に取り入れてみてください。

自分の声に抵抗がある方は音声読み上げソフトを使ってもいいと思いますが、私は機械音の方が抵抗があったので(イントネーションなど)自分でささっと録音しました。

中々一人になる機会がなく、録音するのが難しい方はカラオケボックスを利用してみるのもいいかも知れません。

それも厳しい方は心の中で呟いているだけでも効果抜群なので毎日の日課にしてみてください。

録音アファメーションのいいところは、いつでもどこでも場所を問わず、作業をしながらでも聴けるところです。

私のおすすめアプリは無料ソフトの「ハヤえもん」です。

このアプリでテンポを遅くして聞いたり、声のキーを変えて聞いたりしています。

私は声が低めなので、キー調整はありがたい機能です。

エフェクト機能を使うと、バックで雨の音や川の音を流す事も出来ます。

録音も出来るので「ハヤえもん」で録音したものをそのまま再生リストに入れて

キー調整とテンポ調整して、全曲繰り返し機能オンにして聴いています。

全曲だけでなく一曲繰り返し、シャッフル機能もあります。

昔まで、スマホのボイス機能で録音する→パソコンに転送→iTunesに同期→編集→iPodに同期

と面倒な作業をしていたのですが、この「ハヤえもん」アプリがひとつあれば上記の作業をしなくて済みます。

「ハヤえもん」はバックグラウンドで流す事も出来るので、iTunesへの同期も不要です。

更に音量調節やイコライザ機能も付いている、とんでもなく素晴らしいアプリです。

気に入った言葉や画像を見る

・気に入った言葉や文章

・気に入った画像

・行こうと思った場所

・食べようと思ったもの

・買おうと思ったもの

・欲しいと思ったもの

など私は気になったものはすぐにスクリーンショットしておきます。

こんな事が潜在意識に関係あるの?と思うかも知れませんが、お気に入りフォルダーを作っておくことで見返した時にモチベーションの維持にも繋がります。

良い感情(ワクワク、ドキドキ、嬉しい、楽しい)を出すのは潜在意識の為にもなるので、少しでも気になったものは保存して見返す習慣をつけてみてください ^ ^

無駄な情報はなるべく入れない

ニュースやネット掲示板など、ネガティブな感情を引き起こす場所にはなるべく長期滞在しないように心掛けています。

過去のどん底ニート時代は毎日ネガティブなネット掲示板を見ていましたが、本当に次から次へと不快な事ばかり続きました。

それらを見るのをやめたらピタリと不快な事が起こらなくなりました。

勿論、ある程度は最新のニュースを知っておく必要があるのでチェックはしますが、ネットニュースの題名を見るだけでも十分です。

テレビのニュースは同じ内容を何度も繰り返すだけなので、ニュースをチェックするのならネットニュースの方が効率が良いです。

暇な時間はお気に入りフォルダーを見返したり、綺麗な画像を探してモチベーションを高めていた方が潜在意識にも優しく、有意義な時間の使い方だと思います。

どうしても見たい場合は「何で私は見たいんだろう?」と潜在意識の観点から自分の思考を細分化して、自分研究に勤しむのもいいかも知れません。

繰り返し何度も読む

自分が「これはいいな」と思った潜在意識に関する書籍やブログなどは何度も何度も繰り返し読みました。

勉強と同じで一度読んだだけでは潜在意識の奥まで完全に落とし込む事が出来ないので、定期的に読み返します。

私は文章を覚えてしまうくらい読み返しました(笑)

数ヶ月も続けていれば自分の中にあるメンタルブロックが少しずつはずれてくるので願いが叶いやすくなってきます。

潜在意識活用法まとめ

① 録音アファメーションを聴く
② 気に入った言葉や画像を見る
③ 無駄な情報はなるべく入れない
④ 繰り返し何度も読む